生コンとDIY

 自宅の駐車場や自転車置場など、できればDIYで安く

上げたいと、お考えの方も多いのではないでしょうか。

 DIYのためには、生コンをどのくらい使う必要がある

のか、計算しなければなりません。生コンは、体積で

測りますので、できれば1割増しくらいの容量で、

注文すればよいでしょう。(単位は㎥)

 ただ、プロの業者さんには保証システムがありますし、

個人販売の場合には、生コンが割高になることも。最も

恐いのは「失敗」で、せっかくのコンクリートを取壊す

となると、もう素人では無理かもしれません。

 DIYの前に、2・3社の相見積もりがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です