耐圧試験機の校正

 どんな機械も、長く使っていれば、部品が劣化して壊れます。

異常の有無を確認するには、定期的な点検作業が必要です。長く

使えば、正しい値を示さなくなることがあります。故障がなく、

作動していたとしても、正確な測定値が得られていないかもしれ

ません。

 そこで必要になるのが、測定機器の「校正」です。校正とは、

使用している実機が正しく測定できているかを確認する作業です。

定期的な校正作業で測定値の精度を保つことにより、自社の製品

の品質は、間接的に保障されます。測定機器の校正は、製造業に

おいて、おろそかにしてはならない、重要な作業といえます。

古くても、丁寧に使えば、長持ち。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です