コンクリートの起源

 生コンに限らず、およそコンクリートに属する一番古いものは、

いつ頃からあるのでしょうか。現在確認されている範囲で、最も

古いものと考えられるコンクリートは、イスラエルにある「イフ

タフ遺跡」から、出土されたものです(約9000年前!)。
 この遺跡の壁部分などは、石灰を焼いた粉(セメント)を砕い

た石灰石(砂)と混ぜ、これを水で混ぜて作ったのではないかと

言われています。「古代のモルタル」といったところですね。

 アジアでは、中国でおよそ5000年前のコンクリートが発見され

ています。その地域で採れる石を焼いていたようで、これは炭酸

カルシウムと粘土分を含んでいたそうです。
 古い時代に、すでにコンクリートが作られていただけでなく、

それが現在にも一部残っているというのは驚くべきことで、いかに

コンクリートが人類の生活に密着して来たかが分かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です