ポンプ打ち

 生コンを打つには、様々な方法がありますが、今回は

PTOポンプを使用する方法を挙げてみます。

 それは専門的には、コンクリート圧送工事業と言われ、

生コン車によって建設現場に搬送された生コンクリートを、

コンクリートポンプで、油圧や機械的圧力により所定の

型枠内に圧送し打ち込む、建設専門工事業のことです。
 この工法は、高度経済成長期に、従来の工法に代わる

大量打設可能・作業性改善・省力化工法として普及し、

現在に至っています。
 打ち込んだ生コンクリートが固まったとき、設計値の

強度が必要であるため、品質を変えることなく圧送する

ことが不可欠であるコンクリート圧送技能者は、十分な

経験と高度な技能、知識が要求されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です