生コンとトラブル

 生コンは、製品ですが、固まるまでの「半製品」でもあります。

半製品であることから、特有の様々なトラブルが存在します。出来

合いのものを、現場で組み立てるのと違う訳です。

 どろどろの半製品を、現場の型枠や打設箇所に打設。温度や湿度、

運搬時間や施工精度など、多くの影響を受ける。条件によって、出来

が変わってくるのです。

 さらに、「養生」といって、苦労して施工されるだけではなく、

その後、手塩をかけて、コンクリートを養生しなければならないのです。

 打設前も、途中も、そして、その後も。

 生コン工事というものは、とにかく手のかかる代物で、それだけトラ

ブルが発生しやいと言われます。逆に言えば、各々の担当者の配慮の

加減が、そのまま仕上がりに反映するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です