ポンプ打ち

 ポンプ打ち(コンクリートの圧送)とは、ミキ

サー車によって搬入された生コンを、ポンプ車を

使用して油圧により所定の型枠内に生コンを送る、

圧送工事です。


 日本では、東京五輪以降の高度経済成長期に、

それまでのタワーカート工法に代わる工法として

普及し、現在に至っています。

 昨今、建築物の高層化・長大化が顕著に進んで

おり、品質の良い生コンを圧送するため、十分な

経験と知識、高度な技術が必要不可欠になってい

ます。


 今後更に近代建築への衣替えが予想され、コン

クリート構造物の施工を行う圧送業務の役割は、

重要性を増していると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です