生コンと営業

 みなさん、驚かれるかもしれませんが、実は、生コン業界には、

「営業という概念が希薄」です。

 これは、就職してから驚いた、大きなひとつです。普通、商品を

購入していただきたいのならば、お客様のもとに足を運んで、きち

んと価値を説明しなければならないはずなのに、「してはならない

もの」となっている。

 こういう習慣が根付いている背景には、協同組合の存在がありま

す。特に、昔の組合は、各工場の営業担当者が、組合に集められて

「営業できないように」囲われていたこともあったらしいです。

 ですが、何か創意や工夫、努力が報われる場所があれば、会社や

工場のモチベーションも上がります。幸い、三吹工場は、長野県と

の県境にごく近く、そちら方面のお客様とも仲良くできそうです。

 毎日、同じような、地味で淡々とした作業の繰り返しの中で、

良い刺激を与えられる「営業」という仕事。生コンに関する社会・

個人のニーズを知覚して、自社にフィードバックし、自分たちが

できることを供給する仕事。我が社の営業が参りました際には、

良いお付き合いができますよう、よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です