静荷重検査

 半年に1回、生コン工場では「静荷重検査」を行います。

 これは、「材料を計量するハカリ」の検査のことです。生コン製造にとって、材料計量の精度は大切で、いくら精密に量っても、そのハカリ自体に誤差があったら、話になりません。油圧で力を加えて検査しますが、昔は実際に重りを載せて行っていたとか。大変だったんですね。お客様のため、工場のメンテは、我が社の重要事です。

JISで定められた検査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です